ベーシックなメモ用リフィル

超整理手帳のメモリフィルは、いろいろ考えた。でも、自分自身はデスクワークが中心であり、打ち合わせといった機会あるいはなんらかのメモをする場合、メモはA5版ノートを活用している。だから、あまり凝ったメモリフィルを使う機会はないということだ。

したがって、単純なメモにすること、後からの追記やファイリングということを考えて、次のようなベーシックなメモシートを考えてみた。過去にノグラボのフォーラムにおけるBBSで、手帳に挟み込むことは「4分の1のスペースがムダになる」という意見もあったが、その挟み込んでいる4分の1のスペースは、後ほど追記メモとして使えるようにしている。

ベーシックメモ(1)

ベーシックメモ(2)

上の画像をみてもらえれば分かるとおり、罫線の部分がメモ欄で、5o方眼の部分は後ほどの追記メモ欄。左右の方眼部分は、記載した後はパンチ穴(2穴)でファイルにとじるため、そのためのスペースも考えている。しかも、各メモスペースの下にはノンブルを入れている。

このシートをしばらく使ってみて、使い心地がよければ使い続けるし、使いにくければ再び何か良いシートを考える。

使ってみたい方は、本体サイトの下記からダウンロード。
ベーシックなメモ

超整理手帳の横位置TO-DOシート/改造

やはり……と思う。超整理手帳用の横位置TO-DOシートを作る場合、横2列展開ではあまりにも記入欄が少なすぎる。リクエストしていただいた方も、「3列配置の方がいい」と言う。TO-DOリストの用途から考えれば、当然か。

そこで3列の横位置TO-DOシートに作成し直した。概要は下記の通り。

超整理手帳用TO-DOリフィル 横位置タイプ(1)


超整理手帳用TO-DOリフィル 横位置タイプ(2)

なお、昨日記載した2列展開のものは役に立ちそうもないので削除。縦位置だろうと横位置だろうとも、やはりTO-DOリストというものは、ある程度記入可能なスペースがないと役に立たない。興味があったら、本体サイトを見て欲しい。

TO-DOシート横位置タイプ 3列

超整理手帳の横位置TO-DOシート

まさかリクエストがあるとは思わなかった。超整理手帳の横位置タイプのユーザーが、自作リフィルであるTO-DOシートの横位置タイプが欲しいらしい。

自分自身では普通のタイプのユーザーであるため、いままでリフィルを自作するにしても横位置で考えたことは一度もないのだ。したがって作ってはみたものの、これがベストかどうかの判断もうまく下せないでいる。

ともかく、作ってみたのはこのようなスタイルだ。

超整理手帳用・横位置TO-DOシート(1)

超整理手帳用・横位置TO-DOシート(2)

1日のうちに作業できるできないはともかく、作業するべき事項を記載するとなると、記入欄が少ないような気もする。こんなスタイルでいいのだろうか? 横位置ユーザーではないため、どうもいまひとつピンとこない。ともかく、この評価はユーザーに下してもらうべきだろう。

この横位置タイプのTO-DO使ってみたいというユーザーがいれば、下記からダウンロード可能。
TO-DO横位置タイプシート

2012年版カレンダーリフィル

「超」整理手帳用の2012年版カレンダーリフィルを作成した。A4版で2ページにわたっている。これまでの数年間、このリフィルを作成し続けていたから、いつも使っていただいている方にはおなじみのリフィルである。

このカレンダーリフィルは例年5月後半ごろから作り始めるのだが、2011年はこれまでよりも早めに作成した。その理由は、ボクの居住地である仙台をおそった東日本大震災のおかげで仕事の方も決して順調に進んでいるわけではない。

それなら、毎年のことでもあるため早めに制作しておこうと考えたわけだ。

では、この2012年版カレンダーリフィルをどのように使うのか? これも毎年同じことを書き続けることが面倒になってきたため、過去の画像や説明を読んでいただければと思っている。
2007年版
2008年版
2009年版
このあたりの過去のカレンダーリフィルのページに、画像や使い方などを記載しているので、ぜひご覧いただきたい。

このリフィルの活用時期には、まだまだ時間もあるのだけど、すでに自分の「超」整理手帳に挟み込んでいる。

見開き年間スケジュールシート2011年版

本来ならば、6月末までに作るべきだった。遅れに遅れて、ようやく超整理手帳用のリフィル「見開き年間スケジュールシート2011年版」を作成した。興味のある人は、下記からダウンロードしてください。
見開き年間スケジュールシート2011年版

このリフィルはOpenOffice.orgで作成していたので、OOoを持っていない人のためにPDF版を、OOoは持っているのでカスタマイズしたいという人のためにOOo版の二つを公開していた。考えてみると、OOoの特色であるハイブリッドPDFにすればファイルを二つも準備する必要はない。

ハイブリッドPDFにすれば、OOoを持っていない人は普通のPDFとして閲覧できるし、OOoを持っている人ならリフィルを作成したCalcで開くことができ、編集も可能だ。こんなことに、いまさら気づいたのだ。

なお、毎年のことなので、そもそも見開き年間スケジュールシートとはどのようなものなのかを説明するのは同じことの繰り返し。どのようなリフィルかを知りたい人は、2009年の年間スケジュールシートの説明を読んでいただきたいと思う。

Profile

しのご
しのご
業務日誌ですから、業務のある日は毎日更新する(?)はずです。

New Entries

Comment

Categories

Archives(295)

Link

Search

CONTACT