東北へのご支援

2011年3月11日、東北地方を中心とした東日本大震災が発生いたしました。当事務所への大きな被害はありませんでしたが、関係各所に被害をもたらしました。

震災以降、関係各所の復旧支援を行ってまいりましたが、明日4月1日から通常業務を再開します。ただし、テレビなどのマスコミ報道でみるとおり、海岸地域一帯はいまだ復興支援が続けられております。

みなさまからのご支援ありがとうございます。また海岸地帯にお住いの方々の復興を願っております。

ニッカのデジタルフォトフレーム

昨年(2009年)末のことなので、ちょっと記事を書くには時期を失してしまった。ブラックニッカのプレゼントキャンペーンに応募したら、ニッカオリジナルのデジタルフォトフレームが当選したのだ。先般のチキンラーメンオリジナルのデジタルフォトフレームに引き続いての当選だ。

ニッカオリジナルのデジタルフォトフレーム

こちらはブラックニッカで有名なヒゲのおじさんのロゴマーク入り。自慢できるかどうかは分からないけど、やはり重要なのは、ヒゲのおじさんのロゴマークが入っているというところだろう。

ヒゲのおじさんのロゴマーク

さて、このデジタルフォトフレームのモデルは、グリーンハウスのGHV-DF7CK。名入れもでき、ノベルティー商品としても使えるもののようだ。オープン価格のようだが、平均的な実売価格を調べてみると、その価格以上のブラックニッカを飲んで応募したような気がする。

それでもいいではないか。ヒゲのおじさんのロゴマークが入っているのだから。

チキンラーメンのデジタルフォトフレーム

宝くじを買わなければ、当選することはない。これと同様に、プレゼント懸賞も応募しなければ当たらない。当たり前の話だ。

いつごろ応募ハガキを出したのかはすっかり忘れてしまったけれど、チキンラーメンのデジタルフォトフレームへのプレゼントに応募していた。そして、なんとこれが当選したのだ。届いたときには、なぜ日清食品から宅配便が届くのか、中身は何かといった疑問がわいたものだ。

外箱

チキンラーメンのキャラクターであるひよこのイラストが入ったデジタルフォトフレームで、ケースとなる缶がいい。自慢できるかどうかは別として、なんでも鑑定団風に捉えるならば、貴重品といえるのではないだろうか。

ケースとなる缶

さて、肝心のデジタルフォトフレーム本体だ。本体正面下部にチキンラーメンのマスコットであるひよこがシルク印刷されている。

デジタルフォトフレーム本体

プリンストンテクノロジーのPPF-OVOというモデル。調べてみると、ノベルティー商品などとしても使えるもののようで、名入れサービスにも対応しているようだ。機能や仕様面からみればハイグレードモデルではない。

それでもいい。一番重要なのは、チキンラーメンのマスコットであるひよこが本体にプリントされているということなのだ。このプリントが消えないよう大切に使わなければならないかなと思いをめぐらせている。

年号変換脳

先日、驚くべき能力を持った方と電話で話をした。話をしながら西暦を元号に置き換えて話をするからだ。

本体サイトに「SANGO BOARD」というBBSを設置しており、コメントの書き込み年月日は西暦で表示されている。これを元に「○○については、2006年*月**日のコメントに・・・」などと話し始めると、「18年*月**日というと、これだな」などと瞬時に元号に換えて話をするのだ。

その後も「16年*月**日の書き込みについては・・・」と話は続くのだったが、16年が西暦だと何年になるのか分からない。ボクの方としては、ただ混乱するばかり。たぶん、西暦→元号あるいは元号→西暦の換算方法はあるのだろうけど、知っていたにしても話のペースについて行けないだろう。

なぜ、その方は瞬時に頭の中で年号換算ができるのだろう。おそらく、元号を日常的に使用する仕事をしており、西暦で記入したものは元号に修正しているからかも知れない。元号への換算というよりは、2006年なら18年、21年なら2009年と頭の中に入っているのかも知れない。

それにしても、こちらが画面を見ながら西暦で話しているのに、復唱のような確認を元号で言われるのは、ちょっと迷惑。そうは思わないか?

小耳に挟んだ一言

あらかじめお断りしておきます。医療分野および家電分野において、私は無知です。したがって、下記の会話の信憑性についてはまったく分かりません。

本日、子供の体調不良のため、とある内科系病院へ連れて行く。待合室で名前を呼ばれ、診療室の入り口で待っているとき、診察中の患者と医者の会話が聞こえてきたのだった。

医者)まだIHは使っているの?
患者)※声が小さすぎて聞こえず
医者)IHはね、電磁波の影響が(※この後よく聞こえず)
患者)※声が小さすぎて聞こえず
医者)IHのある家はね、電磁波の箱の中にいるようなもんなんだよ(※というような主旨)

思うにIHがあると、その電磁波の影響を受け、健康を害する。だからIHは止めなさいというような内容の会話だったわけだ。本当にそうなのか? しのごも真偽のほどは分からないし、実際どうなんだろう。こういうことを調査している研究者はいるのだろうか。

こういう会話を小耳に挟んだということだけなので、あしからず。

Profile

しのご
しのご
業務日誌ですから、業務のある日は毎日更新する(?)はずです。

New Entries

Comment

Categories

Archives(295)

Link

Search

CONTACT