Officeは多機能ですよ

「○○のデータベースを作りたいのですけど」「Excelで○○を作ったものの、どうもいまひとつ使いにくい」「封筒にプリントしたいのだけど」などといった問い合わせを受けることが多くなってきた。回答はいつも「MS−Officeでできますよ」「Officeの○○機能を使うとできますよ」。
また、ある会社ではMS-Officeのprofessional版を購入していながらWordとExcelのみインストールして、「○○をしたいのだがどうしたものか」と悩んでいる。この場合の回答も「Officeの××をインストールすれば、○○はすぐできますよ」となる。

MS-Officeは高額だ。その値段に応じた機能はほとんどそろっている。もちろん、工学関係の研究データ解析や特殊な用途は除いての話だ。

どうも、ほとんどの方々はOfficeにどのような機能が搭載されているのかを知らないのではないだろうか。表向きの機能のみを使い、それで満足しているように思える。そして、奥深く見えない機能を使わなければならない場合、できないものとあきらめて他のアプリケーションに手を出してしまう。

このような場合、ほとんどのケースでOfficeのマニュアルなどは読んでいない。恥ずかしながら“しのご”は、いまでもこんな機能があったのか、この詳細設定はできるのかと発見することがある。

みなさん、高価な出費をしたのだ。もうちょっとOfficeをしゃぶろうではないか。Officeの使用方法を教えるあるサイトに、こんな記述があった。「イルカを使いこなせ」。

初体験、豆まき

節分だから、ちょっと仕事の合間に大崎八幡神社の豆まきを見学に行った。神社で豆まきを見学するのは初めて。
16時の豆まき開始時間30分前には、極めて不正確だが200〜300人は集まっていただろうか。集まった善男善女は年齢層で見ると、老人もしくは小学生とそれ以下の子供が8割ぐらい。そりゃそうだ。平日の昼間でもあるし、節分だからといって会社を休めるわけでもない。

いわゆる豆のほか、アンパンやらこどものオモチャ、小さな紅白のもち、ボール等々が「鬼は外、福は内」の掛け声とともに降ってくる。壇上でまくのは氏子か、スポンサー会社のお偉方だろうか。有名人はいないようだった。

いままでテレビ番組などを見ていていつも思っていたのだが、下で豆を受け取るというよりは、阿鼻叫喚の中で物をあさるような姿は見苦しい。一応、神様からの賜り物という位置付けになるのだろうが、なんともあさましい。“しのご”は手元に飛んできた(投げられてきた)ものだけを受け取った。

見苦しくはあっても、深くは追求せずに許しましょう。諸般の事情で1合ビンのお神酒をいただいたから。

Profile

しのご
しのご
業務日誌ですから、業務のある日は毎日更新する(?)はずです。

New Entries

Comment

Categories

Archives(295)

Link

Search

CONTACT