モノを売る演出

あまりの暑さに負けて「氷かき機」を買ってきた。家庭用だから冷蔵庫で作る氷を削ってかき氷を作る。いまのところイチゴシロップだけなので、イチゴ味のカキ氷ばかり食べることになる。

もちろん子供は大満足で、カキ氷の準備をすればお手伝いもするし、カキ氷ができる間は正座すらして待つことができるのだ。偉大なり、カキ氷の力。

こうした氷かき機は季節商品と呼ばれ、ホームセンターなどの季節商品コーナーに陳列されている。冬季に棚に並べたところで、100円ショップでもあるまいが破格値にしない限り、そうそう売れはしない。

この「モノが売れない」といわれているこの時代、店頭販売者は売らんかなで季節感の演出を忘れているのではないだろうか。例え季節に関係のない商品でも、季節感を演出することにより、買う側に購買感を喚起することは可能だと思われる。

一例として、あるゲームコーナーの担当者は、クリスマスの時期ならサンタクロースなどの飾りつけをする、正月ならタコや羽子板などのディスプレイをする、夏休み中なら浮き輪などでゲーム機器周辺を飾る。たったこれだけの演出で、季節感とは無縁と思われるゲームコーナーの売上は30%も増加したという。

欲しいものを欲しいときに購入するのであれば、インターネット通販を利用すればいい。現在のインターネット環境であれば、季節商品でも季節に関係なく購入することは可能だろう。

こうした事例を示しながら、売れないというショップ店主に「季節感の演出」をアドバイスしても「長年何もしないでやってこれた」と語る。そして次には「何で売れないのか」とため息をつく。ちょとは商品を売るのではなく、「季節感」という感動を売ることを考えたらどうだろうか。商品だって、購入者にとってはその商品を買ったという感動なんだから。ちょっと、その感動を違った切り口から刺激するだけなのに。

スパム送信者の頭脳

ひさびさに英文のスパムメールが来た。ともかく読んでみると、概ねこんなことが書いてある。

「あなたのサイトを見た。でも検索エンジンにはリストアップされていない。50$で検索エンジンに登録ができる。あなた専用の入り口はここだ。すぐアクセスして欲しい」。まったく余計なお世話だ。

URLを自動スクロールして、メールアドレス部分を拾ったら、そのアドレスへ自動配信しているのだろう。マシンが自動的に働いてくれるから、何万通か送信して、そのうち何人かが実際にアクセスするのだろうけど、歩留まりはどの程度なのだろう。人事ながら気になる。

かなり前のことだけど、バナー広告のクリック率は0.1〜0.3%程度であったと記憶している。で、このクリック率を上げるためFLASHによる広告や練りに練ったコピーで引き付けようとするわけだ。

携帯電話に来る迷惑メールと同様に、出たとこ勝負だろう。1日数万通ぐらい配信しているのだろうか? アメリカのネット関連トラフィック量の6割はスパム系といわれているのもうなずけるようというもの。

それにしても、このアメリカの会社は日本語サイトの管理者へ英文で配信して、効果があると思っているのだろうか。「com」や「net」の汎用ドメインならともかく。スパムもネットを利用した広告宣伝と考えれば、もうちょっと頭をつかって日本語で配信するとか考えられんのだろうか。

フォーマット文書を作ってしまえば、どうせあとは自動配信するのだろうから。

モノが売れない……のか?

書店めぐりは楽しい。業務や趣味に関する書棚へ行けば、これも読んでおく必要がある、これは買っておかねばなどと思い、手にとってパラパラとめくり購入するかどうかを決めることになる。

ある大型書店に自費出版コーナーがある。このコーナーを訪れる人はほとんどいない。“しのご”もしばらくの間、書棚に並ぶ本を眺めていたけど本を手に取ることはなかった。いわゆる売れる本は、たとえ装丁が多少貧弱であっても魅力的なタイトルが付いているのに対し、これら自費出版本は装丁が凝っていたにしても手にとって見たいという気にさせるタイトルが付いていない。

自分にとって記念誌と位置付けているのなら、それでもいい。自費出版とはいえ、書店に並べて一般販売するのであれば多少なりとも「売る」ことを考えたタイトルを考えればいいのにと思ってしまう。

いまいくつかの業種の方々に「思うように売れない、何かいいアイディアはないか」と問われている。ニーズだのシーズだの、マーケティングだのといったことを聞き飽きているような方々だ。これらの方々に共通しているのは、売ることばかりを考えていることで、買う側の意識変化に気が付いていない。

かつてはモノがあるから買う、いまはそのモノが必要だから買う。その好例がネット通販であり、ネットオークション。もちろんそこには安く買える、すぐに入手できるメリットが存在ものの、買う側が必要だと思うからモノが動くのだ。

売れないとなげく方々へ。買う側に「必要だ」と思わせる仕掛けを多少は自分の頭で考えたらどう。中には数ヵ月も前に、まずはせめて顧客リストぐらい作りなさいよといっても作らず、売れ上げが伸びないとなげく方もいた。

“しのご”は言いたい。一度でいい、書店の自費出版コーナーへ行き、なぜゆえにこれらの本が売れていないのか考えてみればいい。

アクセスアップ対策

ホームページのアクセス数を増加させたい。個人的なHPであろうと企業のHPであろうと、思いは同じだろう。SEO対策なんか当たり前、次の手を考えなければならない。

まずは縦の動きから横の動きへの展開が考えられる。つまりそこそこのSEO対策を施してさえいれば検索エンジンからの訪問者はいる。これら訪問者は目的のページを見さえすれば、あとはそのサイトに用はない。これが縦の動きだ。横の動きとは一歩進んで、アクセス者にサイト内の他のページも見てもらうことに他ならない。いかに他のページへ誘導できるか、ここが肝心だ。

例をあげてみる。A社のサイトは総ページ数が100ページ、B社のサイトは総ページ数が10ページとする。A社のサイトは1日100回のアクセスがあるものの、ブラウズされるページは1〜2ページ。一方、B社のサイトは50回のアクセスではあるが、10ページすべてが見られている。単純計算で1日のページビューをみれば、A社は100アクセス×2ページビュー=200ページビュー/日。B社は50アクセス×10ページビュー=500ページビュー/日。単純な計算ではあるけど、横の動きがいかに重要であることか。

検索エンジンでただ単に上位表示を目指しているサイト管理者やHP制作者は、もう少し横の動きを重視しなければならない。特に、広範なテーマを扱っているサイト、ネット通販サイトにとって、サイト内で横に動かすことは重要なテーマではないだろうか。

かなり前だけど、単純にアクセス数のみを増加させる方法を記載したサイトを見つけたことがある。その方法とは、日本のサイトであれば日本語のほかにキーワードとなる部分を英語、フランス語、ドイツ語、中国語、果てはエスペラント語までも使って多言語で記載するというもの。文章も各単語ごとに各国語を使ってごちゃ混ぜにして書く。確かにアクセス数は増えるかもしれないけど・・・。

世界各国で公演を行っている人形劇団プークは、ある国でその国の言語で公演を行ったら、その国の言語はさっさと忘れて、次の国ではその国の言語で公演を行うらしい。ならば1〜2ヵ月間、ある言語で記載したら次の1〜2ヵ月間はスパッと切り替えて他の言語で記載する。もっとも、こんなことをしたら、誰が読むのか? というより読めなくなる。

閑話休題。

これまでのようにバカのひとつ覚えのような検索エンジン命、ページランク命もけっこうだけど、他のページへどのように誘導させるかをもう少し考えてみてはどうだろうか。アクセス数よりページビュー数。結果的には、こちらの方が効果的なような気がする。

Profile

しのご
しのご
業務日誌ですから、業務のある日は毎日更新する(?)はずです。

New Entries

Comment

Categories

Archives(295)

Link

Search

CONTACT