Preminiに機種交換

とうとう携帯電話をソニーエリクソンの新製品「Premini」に機種交換した。小型でとてもいいのだが、小型過ぎてなくしそうなのが怖い。

これまで使用していた携帯電話はフリップ型で、数字のボタンの部分のみカバー開閉ができるタイプ。長年使っていたおかげでバッテリーが寿命を迎えたものの、もう古い機種のためバッテリーも売っていない。それでも適合するバッテリーをオークションで購入するなどして延命を図っていたわけだ。

そこまでして古いタイプの携帯電話を使用していた理由は何か。そう最近の機種はカメラ、音楽再生、テレビ、ラジオなどが搭載された多機能型であり、しかもシェルタイプ(二つ折りタイプ)。このような多機能は必要ないし、シェルタイプは“しのご”の美的感覚に合わない。だからシェルタイプ以外の機種が販売されるのを待ち続けていたのだ。

欲しい機能は電話本来の機能である通話ができること、ちょっとした連絡用にメールが使えることの2点だけであり、カメラなど余計な機能なんか要らない。またスタイルはシェルタイプではないこと。この三つの条件を満たしていたのが2004年7月に発売された「Premini」だったわけだ。

Docomoによると、携帯電話ユーザーのニーズは二極化しているという。ひとつは多機能化、もうひとつはシンプル化である。シンプル化という点では小型ボディーへのニーズが高いともいう。そこでPreminiは、「そうしたニーズを強く持ち、オリジナリティを追求する20代〜30代の男性をメインターゲットとする」ことをコンセプトに開発したらしい。う〜ん、“しのご”にマッチした?

長所はサイトを検索してカタログを見てもらうとして、短所としてはさまざまなBBSに書き込みがある。おおまかに3点にまとめてみる。

1.ボタンは小さすぎて、特にメニューの「決定」ボタンが押しづらい。
2.イヤホンマイクが使用できないためハンズフリーでの使用ができない。
3.小型化の犠牲で感度がよくない。

一点目のボタンが押しにくいという点は、あまり感じられなかった。おそらく慣れだろうし、あらかじめボタンが押しにくいという点は頭にインプットされていたから、不便にも思わなかったのだろうか。

二点目のハンズフリーに関しては、“しのご”には不必要なのでどうでもいいこと。車載用のキットを購入すると可能になるらしいけど、必要ないから短所とはいえない。

三点目に関しては困る。業務上、電波状況の悪い山間部に行くことが多いため、感度が悪く通話できなくなるのは本当に困る。が、現在のところ街中だけでの使用であり、通話できないという事態は発生していない。9月第2週あたりには山間部へ出張予定なので、実力のほどはそのときに判明するだろう。

いろいろいじくってみて、ひとつ感じたことがある。どうもバッテリーの持ち時間が短いのだ。フル充電してピッピ、ピッピとボタンを押しながら各種設定やら、通話やメール状況を試験していたら、バッテリーの半分ほどを消費していた(バッテリー表示による)。なぜだろう? “しのご”のPreminiはハズレ機だった?

携帯電話、回線容量の謎

仙台七夕祭りの前夜祭として、8/5に花火大会が開催された。

例年約55万人の人出があるそうで、仙台市の人口が約100万人だから単純計算で市民の2人に1人は花火大会を観ていることになる。もっとも翌日からの七夕祭りの観光客や仙台市近郊の市町村からの人出もあるだろうから、市民の2人に1人というわけではないだろう。

会場周辺ではいつものとおり携帯電話による「いま、どこにいる」といった待ち合わせの会話が聞かれる。例年だと19:30の打ち上げ開始30分ほど前から携帯電話はつながりにくくなる。またはつながったかと思うと、ブツッと切れたりする。携帯電話を連絡用に使用するのは何%ぐらいいるのか分からないけれども、とにかく一定のエリアに55万人もの人が集まり、いっせいに通話するのだから回線がパンクするのも分からないではない。

ところが今年は不思議な現象を目にした。そう、19:00を過ぎても通話が可能だったようだ。回線容量が増えたのか、それとも会場周辺での携帯電話使用者が減少したのか、それは不明だけれども、とにかく通話可能。それとも、これまでは事故があった場合に備えて緊急電話回線を確保する必要から、回線に制限をかけていたのかな。

ともかく一定エリア内で人出が多く、しかも携帯電話使用者が多くとも通話可能であることは、理由はないですけど何となく安心です。でも万が一、事故でも起これば通話は無理でしょうけど。

恐るべし、ディズニー

先日の日曜日、マリンピア松島水族館へ行ってきた。ちょうどお昼の時間帯でもあり、親子連れで大賑わいだった。

これまで見た横浜・八景島シーパラダイスなんかと比べれば、各種施設はもちろん、水槽の見せ方などなどあまりにも劣る。あまりにもチープだ。まぁ周辺人口からみて、来客数も違うだろうから仕方がないかもしれない。

つらつら見ていると、クマノミの前ではほとんどの幼児が「ニモ、ニモ」と連呼していたのには驚いた。ニモとは、あのディズニーの映画「ファイティング・ニモ」の主人公の魚だ。さらに同映画を観たことがある人なら分かるだろうけど、ナンヨウハギの前では「ドリー」、サメの前では「ブルース」。すべて、この調子・・・。

魚に興味を持つのはいい。そのきっかけがディズニー映画だっただけ。そんなに、このファイティング・ニモを子供は観ているのだろうか? ディズニー映画の影響力に驚いた1日だった。

次は久々にディズニーランドにでも行ってみるか。でも、ディズニーランドは好きじゃないんだよね。20〜30分の待ち時間なら耐えられるけど、1〜2時間の待ち時間ともなると耐えられない。

Profile

しのご
しのご
業務日誌ですから、業務のある日は毎日更新する(?)はずです。

New Entries

Comment

Categories

Archives(295)

Link

Search

CONTACT