メールアドレス記述のスパム対策

Webページにメールアドレスを掲載すると、スパム業者によってそのメールアドレスが読み込まれ、スパムメールが届くようになる。そのため、個人のサイトなどでは、わざとブランクやアンダーバーを入れてメールアドレスを掲載しているサイトが多い。

そのような記述をすれば、当然ながらメールアドレスをクリックしてもメーラーが起動するわけでもなく、使い勝手は悪い。また、連絡先としてメールアドレスを掲載することの多い一般企業などの場合、どのように記述するかは大きな課題でもある。

そこでいかにスパム業者に収集されることなく、メールアドレスを記述し、しかもクリックすればメーラーが起動するといったように使いやすくするかの方法である。自分自身の復習も兼ねて備忘録代わりに書いておきたい。知っている人は知っている、当たり前の方法ですが・・・。

【メールアドレスの例】
例えば「foo@hogehoge.ne.jp」というメールアドレスの場合、次のように記述する。

【メールアドレスの記述例】
(1)「@」の全角記述
実情は不明だが、サイト上で見る限り、スパム業者は「@」を手がかりにメールアドレスを収集するらしい。そこで、この「@」を全角で記述する。そしてメールフォームがあれば、メールフォームのWebページにリンクさせる。

[foo@hogehoge.ne.jp] → [foo@hogehoge.ne.jp]

※実際にやったことはないので、その効果のほどは不明。

(2)コード記述
メールアドレスの「@」と「.」のコードを直接記述する方法。「@」は「@」、「.」を「.」に書き換える。なお、「@」と「.」、また書き換えの事例は全角で記述しているので、実際に書く場合は半角にして記述すること。

[foo@hogehoge.ne.jp] → [foo@hogehoge.ne.jp]

※実際にやってみて、やらないよりはやった方がいいだろうけど、最近ではあまり効果は見られなくなってきた。スパム業者もアホではないだろうから、すでに対処済みなのだろう。

(3)JavaScriptによる表示
JavaScriptを使って、メールアドレスを動的に組み立てる。HTMLソース上に実際のメールアドレスは書かれていないので、たぶんスパム業者も収集できない。スクリプトは、全角で記述しているので、半角にして記述すること。

[foo@hogehoge.ne.jp]

----スクリプト例は下記から
<script LANGUAGE=”JavaScript”>
<!−−
mailurl = ’mailto:’ + ’foo’ + ’@’ + ’hogehoge.ne.jp’;
document.write(’<a href=”’+ mailurl + ’”>’);
document.write(’foo’ + ’@’ + ’hogehoge.ne.jp’);
document.write(’</a>’);
−−>
</script>
<noscript>
_no_spam_foo@hogehoge.ne.jp
</noscript>
----ここまで

※これによってブラウザ上では「foo@hogehoge.ne.jp」と表示される。また、JavaScriptに対応していないブラウザでは「_no_spam_foo@hogehoge.ne.jp」となる。実際に手持ちのメールアドレスは、すでにスパム対象となっているので効果のほどは現在のところ不明。
<参考サイト:Haru's Page

どの記述方法もですが、すでにスパム対象となってしまったメールアドレスには効果はないだろう。これからのことを考え、対応しないよりは対応した方がよいかも。

再びPukiWikiで

"しのご"が管理するサイトのひとつ「宮城県トライアスロン協会」をPukiWiki使ってリニューアル&再構築した。さらに調子に乗って、引き続き「JTU東北ブロック協議会」のサイトもPukiWikiを使ってリニューアル&再構築してみた。

リニューアルにあたってのテーマは「PukiWikiのストレス軽減」に記載したとおり、PukiWikiを知らない、面倒だと思う人でもストレスなく使えるようにすること。対応は「PukiWikiのストレス軽減」に記載したことと同じである。

JTU東北ブロック協議会
協議会の概要
サーキット戦とは
インフォメーション
サーキット戦一覧
本年の成績
過去の成績
過去の成績(総合)
過去の成績(エイジ)
過去の成績・東北選手権
過去の成績・東北女子選手権
過去の成績・県別対抗戦

自分で勝手にやっているPukiWikiによるサイトリニューアルプロジェクト。この先、どこまで続くのだろう?

PukiWikiのストレス軽減

PukiWiki。もう、何年前のことだろう。初めてPukiWikiを使ったサイトを見たときは、なんだこれは・・・と思ったものだ。だけど、試しにいざ自分で使い、理解が深まってくると、実にいい。でも、いまだにPukiWikiはちょっとという人が少なくない。

そこで、自分が管理しているサイトの一つをリニューアルするにあたって、これをPukiWikiを使って構築してみた。リニューアルにあたってのテーマは、PukiWikiらしい使い方というよりは、いかにPukiWikiらしさを消すかだった。

リニューアルしたのは宮城県トライアスロン協会のサイト。いわゆるPukiWikiらしさを消すために行ったことといえば、とりあえず次のようなものだけである。

(1)ヘッダー情報を非表示にしたこと
(2)ページタイトル下に表示されるURLを非表示にしたこと
(3)PukiWikiらしくないskinを使ったこと
(4))PukiWikiに標準搭載されている簡易掲示板やメールフォームはちょっと貧弱なので、これまで使用していたCGIを外部リンクによって使用したこと
(5)フッターはいろいろとクリックされても、PukiWikiを知らない人が戸惑わないように、ヘルプやプラグイン使用方法などのPukiWiki関連ページを削除したこと
(6)変にいじくられないように、とりあえず編集制限をかけたこと

知っている人なら、ははぁ〜んと思うだろうけど、それなりにらしさは消えたのではないかと思う。ちなみに、ページ構成はいままでと変わらない。

宮城県トライアスロン協会
協会の概要
会員登録のご案内
インフォメーション
よくある質問と答え
リンク集
・そのほかサイト内検索、メールフォーム×2ページ、掲示板などである。

見直してみれば、PukiWikiらしさを消すために、まだまだ手を入れる箇所はあった。でも、面倒になったので、これでよしとしてPukiWikiによるリニューアル版を公開することにした。

水没USBメモリが復活

先日、知り合いの小学校の先生から驚くべきニュースがもたらされた。以前、"しのご"が管理するBBS「SANGO BOARD」において「携帯、USBメモリが水没したら」という記事を書いたのだが、実際に水没したUSBメモリを、その通りにやってみたら復旧したというものだった。

つまり、こういうことだ。携帯電話やUSBメモリを誤って洗濯したり、水中に落としたりといった水没事故にあったら、もう、その機器は昇天間違いない。それを復旧させる方法である。無水アルコールに漬けて水を抜き、乾燥させるだけといったものだ。

やり方は、まず容器に薬局から買ってきた無水アルコール(無水エタノール、1,500円とか)をたっぷり入れる。ここへ水没させた携帯あるいはUSBメモリをどっぷりつかるように入れる。水抜きなので何度も角度を変えたりしながら、しつこく20〜30分ほど繰り返す。

次にドライヤーで冷風を吹きつけ乾燥させる。アルコールの臭いがしなくなるまでというが、時間的には不明。とにかく冷風で乾燥させる。これで終了。あとは電気的ショートで昇天するか、復活するか、勇気を持って電源を入れる。

知り合いの小学校の先生によれば、他の先生がUSBメモリをポケットに入れているのを気付かずに洗濯。洗濯後、洗濯機の底に転がっているUSBメモリを発見し、泣いたとの話を聞いた。そこで、この「SANGO BOARD」に書かれていた「携帯、USBメモリが水没したら」を思い出して話してみたところ、ダメでもともと、さっそく実験してみようということになったらしい。

まずは、蓋付きペットボトルにエチルアルコール(エタノール)95%溶液を入れ、その中にUSBメモリをドボン。2日間ほど漬けていた。アルコール溶液は紫色に変色していたという。それから1週間ほど窓際の陽の当たる場所において完全乾燥。そして、その1週間が経過した後、先生方全員が見守る中、USB端子に接続。ほどなく赤い光とともにディスプレイにフォルダの列が表示されたのだった。その瞬間、「オオッ!」という大歓声が湧き上がったらしい。

実は実験中、完全乾燥が待ちきれなくて2日目には、PC接続をしたいと騒いだらしいが、「待て!」の指示を出したのだという。こういうときの1週間は実に長い。

"しのご"も、いつか実験してみたいとは思っていたが、勇気がなかった。しかも、かなり前のことなので、そんな記事を書いていたことすら忘れていた。ちなみにこのネタは、毎日新聞のコラムに書いてあったもので、面白いなぁと思って備忘録代わりにBBSにメモしていたもの。

まさか、本当に復旧したとは・・・ただ驚くばかりである。

カモメを追う

船の中からカモメを追ってみた。コンパクトカメラで70mm、あとはすべてオート。近くを飛んでくれぬものだから、こうなってしまった。

カモメちゃん、こちらの思い通りに飛んでほしい

本当だったら、真正面にカモメを捕らえられるはずだったのにズレた。ピントもズレた。酔っ払っていたので、カモメを追うことだけで精一杯。本職のカメラマンではないので、こんなところだ。

南方探検隊からの便り【番外編】

"しのご"の先輩が率いる南方探検隊は遊んでいるだけ。そう思うのだが、先輩からまたまたクレームが来て、3点の写真提供を受けた。果たして、これで探検隊といえるのかどうか・・・。

(1)周辺の不思議な花と実:よくよく写真を見ると、上の方は舗装道路であることが分かる。探検隊なら花の正体を調べるべきだが、何もしていない。遊んでいるだけだから、当然か。
不思議な花と実

(2)山頂からの展望:山頂に登りたかっただけであることが伺える。
山頂展望

(3)ジューシーかまぼこ:南方探検隊の食料だそうだ。炊き込みご飯をかまぼこで包んだものらしい。おや? ビニール袋に何か書いてある・・・。拡大してみると「沖縄県石垣」まで読める。なぁ〜んだ、石垣島へ行って遊んでいただけか。人騒がせな南方探検隊であった。
ジューシーかまぼこ

Profile

しのご
しのご
業務日誌ですから、業務のある日は毎日更新する(?)はずです。

New Entries

Comment

Categories

Archives(295)

Link

Search

CONTACT