OOoのユーザーズグループ

ちょっと本気でOpenOffice.orgを使ってみようと思い立ったついでに、「OpenOffice.org仙台ユーザーズグループ」を立ち上げた。OpenOffice.org日本ユーザー会とはまったく関係がなく、また日本ユーザー会内の支部でもなければプロジェクトチームでもない。仙台市内(宮城県内含む)のオープンオフィスユーザーが勝手に集まって語りあいながら、使いこなせるようになればいい。

どうにかこうにか数名の賛同者が集まったのだが、参加する理由はさまざまだ。初めてOpenOfficeに触れる人から、PowerPointを持っていないためPowerPoint文書を開けずに困っていた人、OpenOfficeの存在は知っていても周りにユーザーがいないため使用を躊躇していた人などまでいろいろである。

かくいう”しのご”はというと、6月末に公開の場でOpenOffice.orgを初めて使用してみた。みやぎ国際トライアスロン七ヶ浜大会において、エリート部門競技説明会の資料はImpressを使って説明した。スライドショーの画面だけを見れば、だれもがPowerPointで制作したと思っただろう。実際に競技団体の役員も、事前チェックで現れた起動画面を見て「PowerPointじゃないのか・・・」とつぶやいていたのを知っている。

これに気をよくして、いま社内文書も少しづつ文書をOpenOffice.orgに切り替えている。全面的に切り替えるまでは、まだまだ時間はかかるとは思うけど、使わないことには操作も覚えないし使いこなせない。特に、初めて触れる人にPRするには自分が使えなければならないから、たぶん己のスキルアップにも貢献するかもしれない。

そんなわけで、もし仙台でOpenOffice.orgに興味のある人がいたら「OpenOffice.org仙台ユーザーズグループ」のサイトをご覧あれ。メンバーになる必要はないけど、仲間がいるのといないのとでは、モチベーションも違ってくると思うが・・・。

イベント向けタイムテーブルシート

「超」整理手帳向けのリフィルではないが、イベントを開催する場合に使用しているA4版のタイムテーブルシートを公開することにした。朝7:30から17:30まで5分刻みでのスケジュール表で、準備・設営、交通規制時間帯、撤収などの全体スケジュールから、個々の出し物のスケジュール管理などまで、これ1枚でこなしている。

このタイムテーブルシートはイベント開催・運営といった特殊なケースで使用しているものであり、自分で言うのもなんだが汎用性があるとは思えない。それでも自分が運営する1日が、この1枚のシートに収められるので重宝している。

タイムテーブル表

用途は限られているので、だれもが必要となるわけではない。それでも興味のある人は下記から詳細をご覧あれ。改造して使用する人のためにExcelファイル、打合せ前に事前に他のスタッフあるいはクライアントへ送付する必要がある場合のPDFファイルのふたつを準備している。

タイムテーブル表

ドラッグ&ドロップ操作だけでPDF文書作成

各種文書をPDFファイル化する場合、PDF化したい文書をドラッグ&ドロップ操作を行うだけで完了するフリーソフト「PDF-DokodeMOOo」が公開された。ただし、対象となるのは「OpenOffice.org」で作成した文書に限られるらしい。

ご存知の通りOpenOffice.orgには、PDFファイルに文書を変換する機能が搭載されているものの、新規作成した文書をPDF化するのならまだしも、すでに作成してある文書の場合はいちいちOpenOffice.orgを起動させなければならない。面倒といえば、やはり面倒だ。こうした作業から解放されるのはうれしい。

なお、PDF変換処理はOpenOffice.orgのエンジンを利用しているため、PDF変換できる文書形式や変換精度などもOpenOffice.orgに依存するのだという。VBScriptのみで記述してあるため、インストール作業なども不要だ。

詳細な解説は「窓の杜『PDF-DokodeMOOo』」を参照のこと。

なお、PDF-DokodeMOOoはVer0.2が2007年7月31日にリリースされており、作者のサイト「OpenOffice.org と その仲間たち の Web サイト」からダウンロードできる。

さて、実際に使ってみると、やはり楽チン。なかなかによろしい。

年間シートを改造

「超」整理手帳の年間スケジュールシートとして2007年の年間スケジュールシートを作成した。作ってはみたものの、半年間使ってみて問題のあることがわかった。それは見開きのシートに横並びに月ごとのカレンダーを配置したことだった。

この方式だと半年前の過去シートを1年間持ち続けなければならない。野口先生がいわれるように、わざわざ過去のスケジュールを持ち歩く必要はない。したがって、見開きの左側に上半期、右側に下半期のカレンダーを配置し直すことにした。具体的には下記の図のようにしたわけである。

年間スケジュールシートの配置を変更

このようにすることで、半年間が経過したら次の半年間の新しいスケジュールシートを差し込めば、常に1年間を見通すことができるようになるわけだ。2007年の下半期分を並び替え、なおかつ2008年分も追加して作り直してみたので、興味のある方は下記からダウンロードしてみて欲しい。

年間スケジュールシート(2007〜2008年版)

ついでにTO-DOシートも作成してみた。2007年から「超」整理手帳に付いてきたノートタイプのtodo listはとてもいいと思う。とてもいいのだけど厚みがあるので、いわゆるブタさん手帳になってくると他のリフィルシートを挟み込む折り目によじれが出てきたりする。精神的によろしくない。

ただそれだけの理由で作っただけなので、特に工夫した点はなし。どうせ消耗品であるし、1枚のシートに収めただけである。

TO-DOシート

興味のある人は、こちらからダウンロード。

TO-DOシート

Profile

しのご
しのご
業務日誌ですから、業務のある日は毎日更新する(?)はずです。

New Entries

Comment

Categories

Archives(295)

Link

Search

CONTACT