北京からのレポート

シドニー、アテネに続き、3回目となる北京オリンピック出場を目指しているトライアスロンの西内洋行選手から、北京オリンピックのトライアスロン競技に関するレポートが届いた。開催まで残り1年を切っているため、北京市内の整備も進んでいるようだ。

トライアスロン開催場所は北京空港から約30kmほどの距離にある昌平(シャンピン)区で、競技会場はさらに5kmほど山間部に進んだ「明十三陵水庫」というダムのような場所で開催されるという。西内選手によれば「だいぶ田舎」で、「周りにはスーパーどころか家もほとんど無い」という環境らしい。

このような環境であれば空気もかなり澄んでいるような気もするのだが、最近の中国をめぐる環境報道の影響もあるのだろう。現地で練習中は「埃っぽいという感じではありません」とはいうものの、「アメリカの選手は練習でもマスクをつけて大気汚染の予防策を取っていました」ということだった。

さて、問題のトライアスロン競技コースの概要だ。スイムは「明十三陵水庫」のダム湖を1周回する。これは、オリンピックの大舞台でスイムバトルをできるだけ避けるための配慮らしい。なお、ダム湖は「濁りはありますが水質は良く、24℃くらいと温かい」とのことだった。

一方、バイクはダム湖周辺を6周回するアップダウンが結構あるため、「かなり脚力を使う」コースということだ。海外選手は上りを得意とする選手が多いことから、西内選手は「日本人選手はここでどう喰らい付いていくかがポイント」と分析している。さらに、ランも同じようにアップダウンが激しいコースを4周回するコースであるため、ここでの勝負のかけ引きは、観戦している方は面白いかもしれない。

その観戦方法だ。アテネの時と同じような特設観覧席が設置され、ここへ座るにはもちろんチケットが必要。ついでに、入場も大変なようだ。なぜならセキュリティゲートがあり、「国際空港セキュリティ同様、危険物はもちろん水の持ち込みも制限」されるとのことだからだ。

会場内には売店があるので飲食物は買えるものの、案の定高い価格設定で「水500ml1本70円程度」という。”しのご”は北京へは行ったことがないので、日本と比べればこの価格には驚かないものの、中国の平均価格からするとボッタクリ(?)なのだろう。

なお、トライアスロン会場周辺にもいくつかホテルがある。しかし、これらは既にツアー会社などに抑えられていると考えるのが普通だ。したがって、西内選手によれば「観戦の方は北京市内に宿泊し、現地までバス移動」する方法が現実的らしい。

このようなレポートを送ってくれた西内洋行選手には、ぜひとも3回目のオリンピック出場を果たして欲しいものだ。日本の選手選考は2008年4、5月のアジア選手権、世界選手権の結果で決まる予定だという。

ワールドカップ北京大会での西内選手の力走
■ワールドカップ北京大会での西内選手。今回のコースが北京オリンピック、トライアスロン競技コースになると予測されるため、各国から調査をしに来ているという。

PukiWikiでマンダラート

すでに「PukiWiki」および「マンダラート」を知っている人向けのネタである。

ネットにつながっているのであれば、どこででもPCでマンダラートを使えるようにしたいと思いついた。つまり、ブラウザ上からセルに書いたり消したりすることが出来ないものかなと考えたわけだ。

そこで、即座に、しかも簡単に構築できるようにPukiWikiの標準pluginであるmemoを使って挑戦してみたのだった。そのままでは実現できないので、まずはmemo.inc.phpでメモ欄の大きさを変更する。

■memo.inc.phpの6〜7行目あたり
define('MEMO_COLS', 60); // Columns of textarea
define('MEMO_ROWS', 5); // Rows of textarea

これを下記の数字のように修正。

define('MEMO_COLS', 35); // Columns of textarea
define('MEMO_ROWS', 12); // Rows of textarea

次にPukiWikiで適当な名前の新規ページを作り、以下のように書き込むわけだ。

■編集からこんなふうに書いた
|BGCOLOR(#CCCCFF):#memo|BGCOLOR(#FFCCFF):#memo|BGCOLOR(#CC9966):#memo|
|BGCOLOR(#DCDCDC):#memo|BGCOLOR(#FFFFFF):#memo|BGCOLOR(#FFC0CB):#memo|
|BGCOLOR(#32CD32):#memo|BGCOLOR(#FFFF99):#memo|BGCOLOR(#EE6633):#memo|

さて、こうして出来上がった3×3のセルが下の画面だ。自分のマシン環境だとぎりぎりでスクロールさせずに使うことが出来る。使ってみると、ごちゃごちゃと書き加えない限り問題はない。

PukiWikiでマンダラート

ならばと9×9のセルのものも作ってみたが、スクロールせずに使おうとなるとmemoエリアをかなり小さくしなければならず実用的ではない。むしろメモ更新ボタンの方が目立ちすぎる。どうしても9×9のセルにするのなら、個々のセルから個別に3×3のセルページへリンクさせればいいので、それぞれのセルの下にもうひとつセルを設けてリンクさせてみた。これもセル内のメモエリアの大きさを犠牲にしなければならないので、あえなくボツにせざるを得なかった。

さて、問題はこれをどこで使うかだ。ネットカフェのようなところでは、たぶん集中してセルを埋める作業が出来ないだろう。一方、出張などで他人のマシンを使わなければならない場合はどうか。セルを作るだけならExcelやCalcでも簡単にできる。出来上がったファイルはメールで自分宛に送っておけばよい。しかも、あらかじめ作っておいたセルのファイルをダウンロードできるようにしておけばいいだけだ。

結論として、作ってみたら出来たという自己満足だけで使い道が想像できない。

■参照先:PukiWiki活用術/マンダラート

参考図書の備忘録

図書館から「書くためのパソコン」(中野明、PHP新書、2000/06/05)を借りてきた。読んでみたら、だいたいは既知のことばかりであったが、百科事典の使い方というのは知らなかった。

百科事典とは、字引のように五十音で引くものではなく、索引から引くものなんだという。どうりでぶ厚い索引集があるわけだ。こいつを使いこなすと、論文の1本ぐらいは簡単に書けてしまうらしく、特に最近の電子百科事典を使えば、もっと効率的に使いこなすことが出来るという。

それはともかく、巻末の付録として「読んで得する文章読本」があったので、備忘録代わりに書いておこう。この本より、参考図書の方が魅力がありそうな気もする。

■方法を探る
・知的生産の技術:梅棹忠夫(岩波新書、1969年)
・取材学:加藤秀俊(中公新書、1975年)
・知性の磨きかた:林望(PHP新書、1996年)
・P.G.ハマトンの知的生活:P.G.ハマトン(三笠書房、1994年)
・知的生活の方法 続知的生活の方法:渡部昇一(講談社現代新書、1976年、1979年)
・メモの技術:中野不二男(新潮選書、1997年)
・「超」知的生産とパソコン:野口悠紀雄(アスキー出版、1998年)
・情報の技術:日垣隆(朝日新聞社、1997年)
・方法序説:ルネ・デカルト(岩波文庫、1953年)

■発想を研ぎ澄ます
・アイデアのつくり方:ジェームス・W・ヤング(TBSブリタニカ、1988年)
・発想法:川喜多二郎(中公新書、1967年)
・NM法のすべて:中山正和(産能大学出版部、1977年)
・図解発想法:西岡文彦(JICC出版局、1984年)
・知的複眼思考法:苅谷剛彦(講談社、1996年)

■執筆を学ぶ
・理科系の作文技術:木下是雄(中公新書、1981年)
・論文の書き方:清水幾太郎(岩波新書、1959年)
・論文作法:ウンベルト・エコ(而立書房、1991年)
・創造の方法学:高根正昭(講談社現代新書、1979年)
・読み書きの技法:小河原誠(ちくま新書、1996年)
・ワープロ作文技術:木村泉(岩波新書、1993年)

■文章を磨く
・現代文の書き方:扇谷正造(講談社現代新書、1965年)
・文章の書き方:辰濃和夫(岩波新書、1994年)
・考える技術・書く技術、続考える技術・書く技術:板坂元(講談社現代新書、1973年、1977年)
・センスある日本語表現のために:中村明(中公新書、1994年)
・日本語練習帳:大野晋(岩波新書、1999年)
・「分かりやすい表現」の技術:藤沢晃治(講談社ブルーバックス、1999年)

読んだものもあれば買っただけでホコリをかぶっているものもあるし、もちろん読んでいないものもある。なんか古本屋へ行けばワゴンにごそっと入れらていそうな本、図書館でも閉架書庫行きになっているようなのが多い気がする。

Profile

しのご
しのご
業務日誌ですから、業務のある日は毎日更新する(?)はずです。

New Entries

Comment

Categories

Archives(295)

Link

Search

CONTACT