自分のブログを読むということ

特に目的もテーマもなく、この業務日誌#35書き連ねている。2003年8月から書き連ねているのだから、何かの蓄積があったのか、何か意味があったのかを知りたくなった。こんな理由で、過去の自分の記事を読んでみることにした。

すべて読むのは大変だから、各年ごとに12月にはどのような記事を書いていたのかを読み直してみる。

2003年12月の記事を読んでみると、自分の中で何かのターニングポイントだったような気がする。特に、野口悠紀雄氏の「ホームページにオフィスを作る」を読んで、「自分で役に立たないようなホームページは、他人の役にも立たない」というフレーズが気に入っていた。

自社のホームページを、使えるホームページにしたいものだと考えていたから、自分で作った「超」整理手帳用の自作リフィルをホームページ上で公開することにしたわけだ。自分でもリフィルをプリントアウトするときは、ホームページ上からダウンロードしているし、多少は他人様にもダウンロードして使ってもらえたようだった。

3年後の2006年末、別冊宝島「本当に役立つ!手帳超活用法」、5年後の2008年末には、なんと野口悠紀雄氏監修の「図解『超』手帳法」で自作リフィルを紹介していただいたから、きっかけを見出した年だったような気がする。

「やはり不味かったコーヒーカルピス」の記事は2004年12月に書いたもの。コーヒーカルピスそのものがHatena::Questionで話題になっており、そのネタのひとつとしてリンクされていた。話題の提供としては、多少は意味があったかも知れない。

というわけで、実は冒頭で記したような、これまでの蓄積や意味を探るという意識を持って読み直したわけではない。実は書くべきものがなかったので、過去の記事を読み直してみれば、前年同月の記事を読み直してみれば何かヒントが見つかるかもしれないと思っただけ。

このように、とりあえず埋め草だけはできたというわけだ。

大人のための自由帳

小学生が全員持っているかどうかはわからないが、少なくとも小学校低学年だと自由帳を持ち歩いている。B5判、白紙のノートだ。これにマンガを描いてみたり、漢字の練習、算数の計算をやってみたりと、文字通り自由に使っている。

どのようなものかは、「ジャポニカ学習帳 自由帳」で検索すれば、簡単に知ることができる。

ここで思ったことは、大人にもこのような自由帳があってもいいではないかということだ。例えば、飛行機や新幹線に長時間乗っていると、本を読むことも、途中だった仕事の続きを行うことも、NHK語学放送の予習復習などをすることも、なにもかもがあきてしまう時間帯がある。これはボクだけか? それとも寝る?

そのような時、絵を描く、あるいは何かしら文章を書くといったように、明確に何を書くというわけではなく、何かしらもやもやしたことを書いてみたい気がする。そこで、大人のための自由帳が必要になってくるわけだ。このような自由帳を必要とするのは、やはりボクだけか?

考えたのは、大人にはどのような自由帳がふさわしいかということ。A4判では大きすぎるから、ここは持ち歩きしやすいA5判にしようか。中は白紙がいいのか、白紙であれば用紙はスケッチブックのような画用紙タイプ、それとも普通のノートのような用紙がいいのか。白紙ではないとするなら、5mm方眼、いや8mm方眼がいいかもしれないなどと考えをめぐらす。

また最も重要なことは、どこでも手に入れることができるものでなければならないと考える。そうなると、文具店や事務用品店というよりは、やはりコンビニで売っているものの中から選ぶ必要がある。いや、事前に準備しておけば済むことだから、その必要もないだろうなどとも思う。

大人の自由帳として、何がいいのかよく分からない。結論として、ひとまずA5判の白紙のノートがあれば、これを自由帳にする。A5判のスケッチブックがあれば、それもいいかなと思ったのだけど、12色の色鉛筆もしくは小さな6色程度の色鉛筆もあった方がいいかもしれないなどと考えがふくらみ出し、いつまでたっても結論が出せなかった。

Profile

しのご
しのご
業務日誌ですから、業務のある日は毎日更新する(?)はずです。

New Entries

Comment

Categories

Archives(295)

Link

Search

CONTACT