Windows版OpenOffice

Windows版OpenOfficeのインストールについて、ちょっと混乱している人もいるようなので書いておこう。たぶん、これで間違いはないでしょう。

■Windows98、MEおよびWindows2000、XP、Vistaなど
 ・OpenOffice.orgのバージョンは2.4.2

■Windows2000 SP2以降、XP、Vistaなど
 ・OpenOffice.orgのバージョンは3.0.1

要するに、Windows9xであればオープンオフィス2.4.2までが利用可能。オープンオフィス3.0以降を利用するには、Windows2000以上でないと無理だということですね。

いずれも、OpenOffice.org日本語プロジェクトのサイトからダウンロードが可能です。

※OpenOffice.orgのバージョンは、現時点での最新バージョン。

PukiWiki、上付き下付き文字の表示

PukiWikiを使っていれば、化学式あるいは数式の単位などを記載することもある。このような場合、どうしても上付き下付き文字を使いたい。例えば平方メートル「m2」とか、水の「H2O」などだ。(※このBLOGだとどう記述すればいいのだろう???)

PukiWikiで、そのような上付き下付き文字は、どうやって記述すればいいのか。検索してみると、すでにPukiWiki開発サイトには「PukiWiki/1.4/ちょっと便利に/上付き下付き文字」として記載されていた。

リンク先を参照すれば、もう解決! あれこれ書く必要なし!ではあるけど、一応自分のサイトのPukiWiki備忘録にもメモしておこう。

”しのご ”はプログラマではない。だから残念なのは、開発サイトに「上付きは, font-size:60%;vertical-align:super; 下付きはfont-size:60%; だけにすると見栄えがいい」と書かれていたのだけど、プラグインのどこに記述すればいいのかよく分からないことか。仕方がないので、インラインsizeを使った力技で解決。この力技(?)についても、PukiWiki備忘録に記載しておいた。

TO-DOリストの展開方法

TO-DOリストの作成に関して、こんなことを考えてみた。例えば、「図解『超』手帳法」にも大きなプロジェクトを進める場合にはプロジェクトを小さなTO-DOに分解すればよい、いま抱えている仕事の一覧表があるとよい、などということが書かれている。ならば、これらをひとつにまとめられないかということだ。

同書にもユーザーの使い方として、プロジェクトを分解してTO-DOリストを作成。その日にできなかったものは、翌日再び書き写す。精神的にピリッとした人なら、これも可能だろうけど、ほんわかムードの”しのご ”にはちょっと真似できない。

そこで、カラー版マンダラートセルシートを活用して、仕事の一覧、プロジェクトの分解、本日のTO-DOをひとまとめにして運用してみたわけ。セルシートの真ん中にプロジェクト名を書き、周辺セルに細かなTO-DOに分解した項目を書く。また、今週のリストという項目を作って、その周辺のセルには細々した項目を書く。

これによって現在抱えている仕事の一覧表ができるし、プロジェクトの分解も一気に完成する。次に、その日にやるべき項目の後に日付を記入。やり終えたら赤鉛筆でザクッと線を引く。これで全体の進捗状況も見られようというもの。われながら、これはなかなかいい考えではないかと思って2週間ほどテスト運用をやってみた。

しかし、3〜4日もするとストレスがたまってきた。TO-DOシートに記載されたリストを消していくときのような快感が得られないのだ。確かに、全体をみてみれば項目は消えている。だけど、その日やるべきことをキチンとTO-DOシートに書き起こし、またそれができれば消すといった気分のよさがまったく感じられない。

要するに、このTO-DOリスト作成方法は失敗だったということ。原因は、気分的によろしくないということだけかもしれないけれど……。

というわけで、二度手間にはなるけれど、カラー版マンダラートセルシートにはプロジェクトを分解した項目を記載(仕事の一覧表も兼ねる)。日々のTO-DOリストは、TO-DOシートに書き起こす。やり終えたものは、TO-DOシートカラー版マンダラートセルシートの両者の項目を赤鉛筆で消す。

これで仕事の内容と進捗状況が一覧できるし、TO-DOリストを消していく爽快感も味わえる。しばらくの間、この方法を試してみる。

Profile

しのご
しのご
業務日誌ですから、業務のある日は毎日更新する(?)はずです。

New Entries

Comment

Categories

Archives(295)

Link

Search

CONTACT