サブコンテンツを表示させる

PukiWikiでページ数が増えてきたような場合、階層構造を持つページはメニューバーにサブコンテンツとして表示させることができる。該当するページを開けば、もちろん自動的に表示されるから便利な機能だ。

この機能は、本体サイトでも活用している。たとえば、「PukiWiki活用術/trackerの活用」というページを見ていただきたい。左側のメニューバーにSUBCONTENTSが表示されている。これは「PukiWiki活用術」階層内のページを表示しているわけだ。

さて、このようなサブコンテンツメニューを、どうやって表示させるのかというのが今回の話。やってみれば意外と簡単に実現させることができる。

まず、サブコンテンツに表示させるためのサブメニューページを新規に作成する。このサブメニューページの内容が、メニューバーでサブコンテンツとして表示されることになる。ls2コマンドを設置し、引数に親ページ名を記述しておけば、新しいページを追加した場合でも反映されるから、これを使わぬ手はない。

次に、メニューバーを開き、サブコンテンツを表示させたい部分にincludesubmenuコマンドを設置しておくだけ。たったこれだけで実現が可能だ。

とまぁ、あまりにも簡単に説明してしまった。本体サイトに「サブコンテンツを表示させる」に詳しい手順を記載しておいたので、興味のある方は、そちらをどうぞ。

コメントへNewを表示させる

PukiWikiを使っている人ならばお分かりのとおり、コメント欄を設置してコメントを入力すれば、そのコメントにはNewが表示される。いつごろからか、このNewが表示されなくなったわけだ。

原因は、要するにPHPのバージョンアップ。これにともなってレンタルサーバーもPHPバージョンアップ版を導入してきているので、だんだんこのような症状が出てくる結果になったわけだ。その解決方法は、「pukiwiki/コメントの新着表示」サイトに詳しく掲載されている。プラグインのcomment.inc.php、new.inc.phpの何行かを修正すればいいということだ。

念のため、本体サイトの「PukiWiki備忘録」にも掲載したので、興味のある人は「コメントのNew表示」をご覧いただきたい。

なお、最新バージョンのPukiWikiではcomment.inc.phpの修正は対応しているようなので、実際にはnew.inc.phpだけ修正すればいい。また、「pukiwiki/コメントの新着表示」サイトには修正済みのプラグイン「new.inc.php」を公開しているので、ありがたくダウンロードさせていただこう。

それにしてもと思うことがある。レンタルサーバーによって時期は異なるものの、PHPのバージョンアップ版導入が進んでいる。PukiWikiも、通常のノーマルなスタイルであれば特に問題は起こらないものの、プラグインを使って何かやろうと思うとPHPのバージョンアップによって何からの不具合が出てくるようだ。

そろそろPukiWiki公式サイトにおいて、プラグインもPHPのバージョンアップに対応したPukiWikiのニューバージョンをリリースしてもいいのではないだろうか。なにしろPukiWikiを設置するたびに、細かな修正が必要となるので面倒になってきたのだ。

Profile

しのご
しのご
業務日誌ですから、業務のある日は毎日更新する(?)はずです。

New Entries

Comment

Categories

Archives(295)

Link

Search

CONTACT