ただのリンク集にはしない

本体サイトに「Webサイト情報源」というページを設けている。表向きには、「役に立つサイト、有用なサイトを掲載」するページとしているが、要するにただのリンク集だ。ページ名にだまされて(?)訪問した人は、ガッカリしているかもしれない。

そこで、このリンク集「Webサイト情報源」を単なるリンク集ではなく、本来の役に立つリンク集とするにはどうしたらよいか。PukiWikiで構築したサイトだからできる方法がある。それは、掲載しているサイトがRSS配信をしている場合、このRSSを読み込んで最新記事を表示させればいい。

リンク集のタイトルとともに、最新の記事も併せて表示されていれば、まず自分の役に立つ。もちろん、訪問してくれた人の役にも立つ。

例えば、この業務日誌#35のRSSを本体サイトのトップページに表示させると、このようになる。作業が面倒なので、まだリンク集の一部にしか対応していないが、Webサイト情報源のあかのページに導入してみた。下の方へスクロールしていくと、RSS配信しているサイトの最新記事が表示されている。ただ、リンク集としては、ちょっと見にくくなった感じがしないでもない。

PukiWikiでサイトを構築し、リンク集ページを設けている人は試してみてはいかがだろう。PukiWikiだからこそできる方法だ。もっとも、他のCMS系プログラムでも可能だと思うが、PukiWiki以外はあまり知らないのであしからず。

プラグインの使い方は、下記を参照。
 ■PukiWikiでのサイトRSS表示
2008/10/07(Tue) 13:07:31 | PukiWiki備忘録
Tittle: Name:

Profile

しのご
しのご
業務日誌ですから、業務のある日は毎日更新する(?)はずです。

New Entries

Comment

Categories

Archives(295)

Link

Search

CONTACT